ブログでも舞台めぐり!~宮城 後編~

Pocket

前編 | 中編 | 後編

20160719_009

みなさーん!後編ですよー!
もうしばらくお付き合い頂ければ幸いです!

6.白石

20160719_008

新幹線で北上した場合に白石蔵王駅が宮城県最初の駅…ということで、ある種宮城の玄関口と言っても過言ではない白石市。
グルメカードがあるのは、東北本線の白石駅、観光案内所になります。

ここまで特段説明してきませんでしたが、中の人がグルメカードを交換する際は「どうも!中の人です!」という自己紹介を一切していないため、地域の方から見れば、まさしく「WUGおじさんがカードをもらいに来たぞ」という感じになっていたと思います。この方法で全く不便を感じる事無くスムーズに交換出来る辺り、各地域のみなさんの温かさを実感することしきりでした。宮城県あったけえな…

それはともかく、ここ白石駅の観光案内所では、中の人がスマホを見せようと近寄っただけで、カウンターのお姉様が何事かを察してグルメカードの準備をしてくれました(前編でお話したのはここです)。白石駅の方、妙に分かってらっしゃる。

近くを散策した後で色々調べてみたところ、白石市は元々戦国アクションゲームとの縁から始まって、以前から2次元なイラストが町に馴染んでいたみたいなんですね。

20160719_0006

まず駅舎内から「阿梅姫」が出迎えてくれますし、駅前のタクシープールでは初音ミクさんの痛タクシーをお見かけしました。町を歩けば東北ずん子ちゃん関連のポスターやラッピングバスが。
白石市すごい。色々お察しいただけた理由がなんとなく分かりました。

個人的に印象深かったのは、痛タクシーや東北ずん子ちゃん関連など、普段からのネットニュース巡回で存在の認知だけはしていたものが、現地に来て、実際に見て初めて「ここだったのかー!」となった点。「百聞は一見にしかず」という言葉通りの体験が出来ることも、現地探訪の醍醐味なのだと実感しました。もう少し時間を取って、ゆっくり滞在したい場所でした。

…って、WUG ARの話を全然出来てないですねこれ!すみません!
次回伺う際には、戦国アクションゲームの騎馬像を見に行こうと考えております!

7.仙台

20160719_010

ひょうたん揚げが大好物です(自己紹介)。
というわけで、WUG ARのストーリー上では最初に来るべき仙台が、この旅最後の訪問先になりました。
仙台駅に到着した時「こんな大都会に自分がいていいのだろうか…」などと考えてしまいました!これまでの観光地めぐりで、のんびりした空気に慣れてしまっていたのかも。

なお、本来のグルメカード交換場所であった仙台駅2Fの総合観光案内所が今年の春に無くなり、「仙台市観光情報センター」のカウンターで交換できるようになっています。予備知識ゼロのまま仙台駅を彷徨うこと数十分。
途中食べたずんだシェイクは非常に美味しかったです。

さて、中の人の旅程としては、この仙台駅で一旦の区切りとし、ラストの仙台空港は後日改めて(鳴子温泉リベンジとセットで)伺う事にしようという計画だったのですが…

ex.仙台空港

20160719_012

せっかくここまで来たのだから、WUG ARだけでもクリアしよう!ということで仙台空港へ。
「チェックイン完了!それじゃ!」ぐらいの駆け足っぷりでそそくさと仙台駅に戻り、そのまま帰路につきました。

ex2.まとめ

20160719_0008 20160719_0007

WUG ARクリア!(スクリーンショットは後日撮影したものです)
チェックインだけなら、ごく短期間でもなんとかなるものですね…

20160719_0009

現地で交換したグルメカードはこちら。
まずこの6枚を中の人の宝物にしつつ、残った鳴子にも近いうちに伺おうと思います。

そう!今回の旅では一度も温泉に入れなかったんです!普段の旅では「食事>温泉>宿>仕事」ぐらいのプライオリティな中の人が…おほん。

この2日間の旅を振り返る時間を少々多めに取ってしまいましたが、宮城県の各所、そして弘前と、「また行きたい」「次はあそこに行こう」という計画が、後から後から湧いて出てきます。
今回の旅は、東北舞台めぐりという大きな枠をざっくりなぞる、ラフスケッチのようなものでした。舞台となった土地を作品と共に過ごし、少しずつ完成に向かっていく(はずの)作品を都度お見せ出来るよう、これからも時間の許す限り、皆さんにご報告出来ればと考えています。

お付き合い頂き、ありがとうございました!また次の舞台めぐりで!

戻る戻る