中の人ふりーとーく!その26

Pocket

こんにちは!ブログの人です。

今回は久しぶりのフリートークということで、塩漬けになっていた暖めていたこちらの話題を。

岐阜にアニメの「聖地」が続々と生まれている理由

ブログの人も一人で(ひとりで)鑑賞した「君の名は。」や、同じく絶賛公開中の「聲の形」をはじめ、岐阜県を舞台にしたアニメ作品が増えている…という話が出たのが今月初旬のことでした。ここで個人的な「君の名は。」感想会を唐突に始めてしまうのもなんですが、ストーリーを楽しませていただいたのはもちろん、美麗な背景には終始魅了されっぱなしでした!…ブログの人がパソコンゲーム(エターナルなものですよ!)のOPに激しい衝撃を受けてから、もう16年ほどの月日が経過していることにも激しい衝撃を受けておりますが、作中で描かれている美しい飛騨の景色を実際に見に行きたい!という方がたくさんいらっしゃるのも大変良く理解できます。何より飛騨はね…お肉が美味しいですよね!

大ヒット映画の影響でにわかにクローズアップされてきた「アニメの舞台・岐阜」。
ブログの人が個人的に好きな作品が妙に多く、岐阜市在住の友人と原作単行本を片手に長良橋や川原町を歩いたり、美濃太田駅を始点にがっつり北上したりと色々旅した思い入れのある土地なので、このムーブメントに乗っかる形でまた旅に出たくなってしまいました。雪が降りだす前になんとか…いや、雪深い白川郷にも一度行ってみたいんですよね…

0926

最近の話題きっかけで岐阜めぐりをお考えの皆様は、是非「氷菓」の舞台も旅してみて下さいね!

それにしても、今回の岐阜といい、最近の「静岡県を舞台にしたアニメも多い」案件といい、
日本列島の中央部がにわかに熱いですよね。
ブログの人もこの夏静岡に足を運びましたので、次回はその時の話が出来ればと思います!それではまた!

戻る戻る