2016年のふるさと納税、まだ間に合います!なお話

Pocket

こんにちは!ブログの人です。
今年も本当にあとわずかといった感じになってきましたね。

そんな中、当「舞台めぐり公式ブログ」の一部記事が、声優・アニメへ虹を架ける新メディアこと「ニジ★スタ」さんでも読めるようになりました!い、いいんですか…?
現在は、ふるさと納税関連の3本がお読みいただけるようになっています(第1回はこちら!)。お友達やご家族様にも、是非おすすめいただければと思います!

さて、そんなふるさと納税でございますが、「今年の分が間に合うなら今からでもやってみたいけど、書類関係が間に合わないのでは…?」とお考えの方もいらっしゃるのではないかと思います。
だがしかし!
支払いをクレジットでされた方は、まだ自力でなんとかなるのです!

※前段階として、お手元に源泉徴収票がある場合は、
こちらのサイトにて収入や控除額を入力すると「いくらまでの寄附なら自己負担が2,000円になるか」を確認する事ができます。

ここからが本編。
クレジット払いで寄附をした後は、しばらくの間をおいて、寄付先の地方自治体から書類が届くようになっています。寄附金の受領証明書や感謝状、ふるさと納税ワンストップ特例制度関連のものなどですね。

この時期に申し込んでも1月中旬以降にしか受領証明書などが届かないと、各自治体の注記には書いてありますので、もう間に合わないのでは?と思っている方もいらっやるかと思いますが、そこは焦らずOK。

自分で、ワンストップ特例制度を印刷して自治体に送付すれば問題ないのです。(#申し込むとメールで送り先が送られてきます)

その、ワンストップ特例制度の申請書は、いろいろなサイトからダウンロード可能となっています。
さとふるさんではこちらから
実際の記入例(個人情報等)も、上記さとふるさんのページにてご確認いただけますよ!

なお、大洗町の場合は、

ooa01

左上の日付記入欄に「大洗町長殿」

ooa03

一番右下の受付団体名に「大洗町」と記入するところがポイントです。

大洗町の寄附受付期限は今年いっぱい(12/31)まで。ポイントに交換だけしておけば商品を選ぶのは年明けでも大丈夫です。(ポイントの有効期限は2年間)

ワンストップ特例書類の送付は2017年の1月10日必着。

また、もしこれを過ぎてしまっても確定申告をすればちゃんと節税できます。
今年の納税、今年のうちに!おトクな年末年始をお過ごしくださいね!それではまた!

 

大洗に、「ふるさと納税」します! 第1回

大洗に、「ふるさと納税」します! 第2回

大洗に、「ふるさと納税」します! 第3回

戻る戻る