ブログでも舞台めぐり!~弘前編~

Pocket

20160718_003a

……よし!(よしではない)

最近の流れに乗っかってみたところで…
夏休みを使ってチトさんに会いに、弘前市まで行ってきました!

20160718_0001

まずは弘前駅の散策から。
この日は3連休の最終日ということもあって、翌月にねぷた祭りを控えていつつも、
国内外からの観光客で中々活気がありました。

20160718_0002

そんな海外からのお子さん達が、指をさして盛り上がっていたのがこちら。
でかい!これは凄い!

20160718_0003

そして舞台めぐり!
駅の玄関口からこれはテンションが上がりますね。しかも目線の位置にはチトさん!かわいい!

20160718_009

20160718_011

20160718_015

20160718_019

弘前城周りも散策。桜の季節は花も人も凄いんでしょうね…

20160718_014

ちなみに、今弘前城は石垣修理のために天守を移動しているため、本来の位置にはありません。
弘前城石垣修理事業「弘前城が動く」
アニメと同じ情景を撮影出来るようになるまでにはかなりの年月がかかってしまいますが、
裏を返せば、動いた先にある弘前城の景色を楽しめるのは今だけ、ということでもあります。

20160718_0004

それならばと、ちょっと間近に見られる場所まで足を延ばしてみました。※別途入場料が必要です
城内では大移動を解説する資料が盛り沢山!
今だけの景色を是非味わってみて下さい。

20160718_0005

この時は山々が雲に隠れちゃって「今だけの景色」どころじゃなかったんですけどね!
これはリベンジの機会が必要なんじゃないでしょうか!

20160718_018

お祭りの雰囲気を感じてしまったので。

2016-07-17_230316000_535EE_iOS

20160718_004

市内各所も一通り歩き回ってきました。
町全体がどこかゆったりした空気に包まれていて、どこに行ってもほっと一息つける感じが非常に心地良かったです。

DSC_1969

バス停の看板まで変えてしまう辺りに弘前市の本気を感じます。
駅から町周辺、お土産屋さんや案内所まで、至る所でふらいんぐうぃっちに出会うことが出来るのが凄い。

20160718_008

やたら箒が売れるホームセンターがあると話題の場所や、

20160718_0006

冒頭でご紹介した巖鬼山神社にも。静謐かつ荘厳な空気に圧倒されました。
車かタクシーでないと来られない位置にありますが、頑張って来る価値はありますよ!虫対策は万全に!

20160718_013

ある意味今回最大の目的地だった、大正浪漫喫茶室さんにもお邪魔しました!
やらなくてもいいのに二礼二拍手一礼をしてしまうこの雰囲気。ここが喫茶コンクルシオのモデルになったお店か…!

20160718_0007

20160718_0008

店内では作品関連のお土産コーナーも。
伺った時間帯はランチメニューが始まっていなかったので、美味しいアップルパイをゆっくりいただいていたのですが、あれよあれよという間に「喫茶コンクルシオに来た」ファンの方で満席になってしまったのにはびっくりしました!
アニメ放映が終わって一区切り付いた辺りである今が一番ホットなのは間違い無いのでしょうけれど、このお店はこれからも「居心地の良い場所」として、ファンに愛され続けていくのだろうと思います。
正直中の人もまたすぐ伺いたいです!時間が!まとまった時間が欲しい!

20160718_0009

一通りのお土産を買いつつ、中の人の弘前めぐりはここまで。
今はスポット数が当時の2倍近くに増えていて、より充実した舞台めぐりをお楽しみいただけるようになっています。
何より、繰り返しになってしまいますが、本当に居心地が良いんです。
市内中心部も、少し離れた場所に行っても。
皆さんも是非、アニメのサウンドトラックをBGMにしつつ、弘前の町を歩きながら、チトさんを探してみて下さいね!

戻る戻る